ワインの保管場所

ワインの自宅でのおすすめ保管方法!未開封・グッズなど

インターネットのショッピングサイトでは、まとめ買い!お買い得!って、よく見かけますね。

つられて買ったはいいけど、そのまま置いといていいのかしら、と悩んだ経験、ありませんか?

今回は、そんなお家ワインあるあるに、お答えします。

知っておくと便利ですよ。

 

ワインはダイエット中に飲んでも大丈夫?

ワインは太るの?気になるカロリーは?

テレビでも盛んに健康番組が放送されて、メタボなんて言葉も使われるようになって、カロリーが気になるこの頃です。 はたしてワインのカロリーって、どのくらいなのでしょうか? ワインは太るって、どこかで聞いた ...

続きを見る

未開封ワインの保管場所

インターネットで買って、ダンボール箱に入って届いたとします。

ひとしきり、ラベルやボトルを見て楽しんだら、どこに、どうやって置いておくか、考えないといけません。

ワインは、高温、日光が苦手です。

又、スクリュー栓は大丈夫ですが、コルクの栓なら、乾燥も苦手です。

 

長期間放置され、すっかり乾燥したコルクは割れやすくなり、ワインオープナーを差し込むとボロボロに割れてしまいます。

なので、新聞紙で包んで、ダンボールに入れて、さらに日の当たらない場所に置いて、飲む時に冷蔵庫に入れるのがオススメ。

じゃあ、はじめから冷蔵庫に入れておけば?と思いますが、コルクから匂い移りするので、避けたいところです。

開封済みワインの保管場所

飲み残したワイン、どうしていますか?

デイリーワインの場合、料理用にと割り切るのも、ひとつです。

お肉や野菜のソテーにひとふりするだけで、グッと美味しくなります。結構残ってしまった場合は、栓をして、冷蔵庫の野菜室に入れましょう。

そして、できるだけ早く、飲みきってしまいます。

保管に使うオススメグッズ!

飲み残したら、コルク栓をもとどおりに差し込むって人、多いと思います。

手っ取り早いですし、もともと栓をしてあったモノですしね。

でも、そのままでは、開封の時に穴を開けているので、空気に触れやすくなっています。

 

コルクにラップを巻くと、少しいい感じです。さらにいいのは、バキュバンです。

バキュバンは、ボトルの中の空気を吸い出して真空状態をつくり、飲み残しワインを新鮮に保つ器具です。

ネットショップやワイン専門店で買えて、値段もリーズナブル。操作も簡単なので、ひとつ持っていても損はありません。

保管場所としてはダメ!

ワインは、とにかく高温、日光が苦手です。

温度が上がったり下がったりするのも、劣化を早めます。

ワインボトルの裏面、日本語のラベルに、リーファコンテナ使用と書いてあるのを見たことないですか?

ワインの生産地から、温度を一定に保つ特別なコンテナを使って海上輸送してきましたという 意味です。

それほど、温度変化は、ワインにとってダメージになるのです。

 

自宅にワインセラーがない場合、床下収納や、日の当たらない場所に保管するのがベスト。

地域にもよりますが、蒸し暑い日本の夏は、ワインにとって、とても厳しい環境です。

夏を超えての常温保存は、難しいと考えた方がいいですね。

真夏の日本は、ワインの保管に全く適していないのです。

まとめ

瓶に入ってはいますが、ワインは生鮮食料品。

とても繊細なのです。

基本的には、あまり置いておかずに、早めに飲むようにしたいですね。

 

家飲みワインにぴったりなおつまみは?バルサミコ酢があれば良い!?

お家ワイン、楽しんでいますか?いつもの献立でも、ワインがあると、なんだか華やいだ雰囲気になりますよね。 でも、せっかくですから、もうひと手間! 家飲みワインが、もっと美味しくなるおつまみレシピ、ご紹介 ...

続きを見る

ワインの種類と選び方をご紹介!初心者のお悩み解決します!

近頃は、コンビニエンスストアでも、お手頃ワインが手に入るようになりました。 もうワインは、すっかりデイリーな飲み物ですね。   でも、実はあんまり知らないのよね、という方、多いのではないでし ...

続きを見る

ロゼワインと料理の相性は?飲み方・選び方を知ってロゼを楽しみましょう!

ワインを飲むとき、「ロゼワイン」を飲もう! と、思う頻度はどのくらいですか? ロゼの良さを知らない方が多くて残念です。   実はロゼワインは奥が深く、赤ワインや白ワインに負けない魅力満載なワ ...

続きを見る

-ワインの保管場所

Copyright© オールドビンテージドットコムワイン評判 .com , 2020 All Rights Reserved.